新型MacBook Proを使ってみて

こんにちは、マサカズです。

いや、みんなが持っているだけでおしゃれというMacBookを月額で購入してみました。いや、高いですね。20万円ですよ。

touch bar付きとか買っちゃったからやばいっす。

これからこの支払いが来ると思うとゴクリ……。

そんなわけで、macbookのレビューやりまーす。

参照:apple

画面

画面に関しては、windowsのパソコンよりもとても綺麗な感じです。なんと言いますか、初めてmacの人なので、画面に関して無知です。はい、そうです。本当に知らないんです。

とりあえず、すごいってことだけわかってもらえれば、いいと思いますね。めちゃくちゃ適当ですけど。

キーボード

キーボードもなんか、打ち心地が違んですよね。なんと言いますか、板を叩いているようなーー。

まあ、冗談ですけど、どうなのでしょうか。

よくわからないですが、まあwindowsよりは打ちやすいかなと思っている次第であります。

タッチ音がmac独自の感じでして、平べったい

touchBar

これは素晴らしいですね。なんというか、便利です。

最初は必要性を感じなかったんですが、だんだんその魅力を感じて使うことが多くなりました。

性能

ディスプレイ

  • Retinaディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載15.4インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、2,880 x 1,800ピクセル標準解像度、220ppi、数百万色以上対応
  • 対応するスケーリング解像度:
    • 1,920 x 1,200
    • 1,680 x 1,050
    • 1,280 x 800
    • 1,024 x 640
  • 500ニトの輝度
  • 広色域(P3)
  • True Toneテクノロジー

プロセッサ

  • 2.2GHz
    2.2GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)、9MB共有L3キャッシュ
    オプション:2.9GHz 6コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)、12MB共有L3キャッシュに変更可能
  • 2.6GHz
    2.6GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.3GHz)、9MB共有L3キャッシュ
    オプション:2.9GHz 6コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)、12MB共有L3キャッシュに変更可能

ストレージ1

  • 256GB
    256GB SSD
    オプション:512GB、1TB、2TB、4TB SSDに変更可能
  • 512GB
    512GB SSD
    オプション:1TB、2TB、4TB SSDに変更可能

メモリ

  • 16GB 2,400MHz DDR4オンボードメモリ
    オプション:32GBメモリに変更可能

グラフィックス

  • 2.2GHz
    Radeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
    Intel UHD Graphics 630
    オプション:Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)に変更可能
  • 2.6GHz
    Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
    Intel UHD Graphics 630
    オプション:Radeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ搭載)、またはRadeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)に変更可能

充電と拡張性

4つのThunderbolt 3(USB-C)ポートで以下に対応:

  • 充電
  • DisplayPort
  • Thunderbolt(最大40Gbps)
  • USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)

キーボードとトラックパッド

  • フルサイズバックライトキーボード:
    • 4つの矢印キーを含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)
    • Touch IDセンサーが組み込まれたTouch Bar
    • 環境光センサー
    • カーソルを正確にコントロールできる、圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド(強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、Multi-Touchジェスチャーが利用可能)

ワイヤレス

  • Wi-Fi
    802.11ac Wi‑Fiワイヤレスネットワーク接続、IEEE 802.11a/b/g/nに対応
  • Bluetooth
    Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー

カメラ

  • 720p FaceTime HDカメラ

ビデオのサポート

本体ディスプレイで標準解像度(数百万色以上対応)と以下を同時サポート:

  • 最大2台のディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
  • 最大4台のディスプレイで4,096 x 2,304ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応

Thunderbolt 3デジタルビデオ出力

  • USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応
  • アダプタ(別売り)を使用したVGA、HDMI、DVI、Thunderbolt 2出力に対応

オーディオ

  • ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
  • 3つのマイクロフォン
  • 3.5mmヘッドフォンジャック

バッテリーと電源

  • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
  • 最大10時間のiTunesムービー再生
  • 最大30日のスタンバイ時間
  • 83.6Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
  • 87W USB-C電源アダプタ

動作環境

  • 電源電圧:100V〜240V AC
  • 電源周波数:50Hz〜60Hz
  • 動作時温度:10°〜35°C
  • 保管時温度:–25°〜45°C
  • 相対湿度:0%〜90%(結露しないこと)
  • 動作高度:3,048 mまでテスト済み
  • 最高保管高度:4,572 m
  • 最高輸送高度:10,668 m

サイズと重量

  • 高さ:1.55 cm
  • 幅:34.93 cm
  • 奥行き:24.07 cm
  • 重量:1.83 kg3

オペレーティングシステム

macOS
macOSは、あなたがMacですることすべてを動かすオペレーティングシステムです。macOS Mojaveは、Macを最も使い込んでいるパワーユーザーのみなさんからインスピレーションを得た新機能を誰もが使いやすい形で届けます。あなたはクリックするたびに、より多くのことができるようになります。
さらに詳しく

アクセシビリティ

アクセシビリティ機能は、障がいのある方が新しいMacBook Proを最大限に活用できるようにお手伝いします。視覚、聴覚、身体機能、学習と読み書きをサポートする機能が内蔵されているので、驚くようなものを作り出したり、驚くようなことができます。
さらに詳しく

MacBook Proのアクセシビリティ機能:

  • VoiceOver
  • ズーム
  • コントラストを上げる
  • 視差効果を減らす
  • Siriと音声入力
  • スイッチコントロール
  • クローズドキャプション
  • テキスト読み上げ

内蔵アプリケーション

  • 写真
  • iMovie
  • GarageBand
  • Pages
  • Numbers
  • Keynote
  • Siri
  • Safari
  • メール
  • FaceTime
  • メッセージ
  • マップ
  • 株価
  • ホーム
  • ボイスメモ
  • メモ
  • カレンダー
  • 連絡先
  • リマインダー
  • Photo Booth
  • プレビュー
  • iTunes
  • ブック
  • App Store
  • Time Machine

引用:appleホームページ

こんな感じでappleのホームページから持って来ちゃいました。見た感じ性能的にも他のパソコンよりはいい感じではありますね。今では、SSDも積んでいるモデルも多くなって来ていますし、メモリーも8GBあるので、申し分ないでしょう。

性能だけ見た感じではピンと来ないのが印象的です。windowsよりは性能がいいのかな。金額的に考えるとなんとも言えませんが、macと言える印象です。

あまり性能を求めないのであれば、最新のMacbook airでもキーボードやディスプレイが変わらないので良いかもしれませんね。値段もだいぶ異なりますからね。

値段の割にはと思われる点も多く存在するmacbook proですが、動画処理や画像処理などのデザイン系の処理は得意な感じだと思います(編集しないのでわかりません)

フリーズなどをしたことがほとんどなく、使いやすいです。長く使えそうなので大切にしていこうと思います。

気になった人は下記のappleホームページで確認してみてくださいね。

Macbook pro

Macbook air

 

この記事を書いた人

マサカズ
Information times運営者の一人です。
趣味はアニメ鑑賞・音楽鑑賞・読書です。
経済・ガジェットなど様々な分野に興味を持っているので、様々な視点から発信していきます。

スポンサーリンク

ガジェット

Posted by マサカズ